結婚記念に作った梅酒がまずい

雑記

2018年の2月に夫と結婚して、その年の6月に記念になるかと思い梅酒を作りました。
私たち夫婦は二人ともお酒は苦手であまり飲めません。毎年2月に少しずつ飲んでいくつもりで作りました。

2019年の2月はまだちょっと早いかなーということで見送り、2020年、2021年は夫が体調が悪かったようで結局飲まず。
そして今年ようやく解禁となったのですが、なんだかまずかったんですよ!
ずっと梅を入れっぱなしにしていたせいか、えぐみのような物が出てしまいました。
梅の爽やかな風味も少ないんです。ショック・・・・

梅は長く入れっぱなしにしない方が良いと聞きますが、以前作った時は数年入れっぱなしで美味しかったのです。
あと2月に飲む用とは別で普段もときどき飲めるようにと2年前くらいに作ったものもあって、それも梅を入れっぱなしですが今のところ美味しく飲めています。

うーん、4年は入れすぎだったのかな??とりあえず梅を取り出して、甘みも足りなかったので少し氷砂糖を足してみました。さらに寝かせばマシになるかも・・・と淡い期待を抱いていますが、すごく美味しくなるとかはないだろうなあ。

やっぱり梅の種類や焼酎の種類でけっこう変わってくるのかもしれません。以前おいしくできたときはやや熟し始めの南高梅と宝焼酎で作りました。今回まずかったのは品種不明の青梅とホワイトリカーです。青梅とホワイトリカーの方がわりとスタンダードな作り方かなと思って作ったのですが、私にはあわなかったのかも。
来年は少しでもえぐみが減っていますように・・・

にほんブログ村 その他生活ブログ 貧乏・生活苦へ